最高幹部 永田洋子の誕生 連合赤軍 あさま山荘事件 Part1

誰もが一度は聞き目にしたことがある事件
1972年におきた浅間山荘事件について

革命同志の暴走 逃亡集団リンチ殺人は何故起こったのか?

真冬の軽井沢の別荘に
過激派組織連合赤軍のメンバー5人が
管理人の女性を人質にとって籠城した事件です。

犯人確保の映像があります

【浅間山荘事件の真実】

浅間山荘事件とは

犯人は坂口弘当時25歳東京水産大学
坂東國男当時25歳。京都大学
ら5人の若者が犯行を実施しました。

事件の様子は連日テレビで生中継され、
ほぼ全ての国民がその様子を目撃したというものです。

  • 浅間山荘事件 なぜこのような大事件が起きたのでしょうか?
  • この事の経緯を説明できる人が現在どれだけいるのでしょうか?

テレビ番組では元連合赤軍のメンバーに直接取材が試みられ
そしてその真相が探り出されました。

テレビに登場したのは元革命左派
雪野健作さん69歳 横浜国立大学出身


あさま山荘事件part1
彼らが活動してた理由はカタストロフィー
破局になるとは思っていなかったと、、、、

また、元連合赤軍の前澤虎義、69歳も当時の
証言でテレビに登場しました。

犯人が浅間山事件で持っていた大量の武器
一体どうやって手に入れたのか?

連合赤軍の最高幹部 森恒夫と永田洋子の暴走

また、浅間山荘事件直前に逮捕された連合赤軍の最高幹部
森恒夫 当時27歳(大阪市市立大学)と永田洋子 当時27歳(共立薬科大学)
彼らが何故、狂気の仲間内での大量リンチ殺人へと暴走したのは何故か?

これまで歴史の闇に隠れていた、
多くを語らなかった浅間山荘事件の真相が明らかになります。

浅間山荘事件は革命左派 最高幹部 川島豪
東京水産大学当時28歳
に逮捕状が出たところか始まったといえます。

革命左派 最高幹部 川島豪の逮捕から始まった惨劇


あさま山荘事件から40年 メディアの現在 (2012年)

当時革命左派は、共産主義社会の確立を目指し、
アメリカを敵として火炎瓶やダイナマイトで米軍基地などに攻撃を仕掛けていたのです。

まるで、今の北朝鮮みたいな事で日本にそのような
テロ組織があったという事だけでも驚いてしまいます。

そして、その革命左派の首謀者である川島の行方を追う警察は
彼の妻を四六時中張り込んでいました。

そして、1969年12月8日
川島が姿を現したのです。

革命派左派最高幹部のあっけない逮捕でした。

川島は逮捕された時、妻に俺がいなくなっても頑張るよう
みんなに伝えてくれと言ったそうです。

この川島の逮捕から浅間山荘事件まで2年2ヶ月の期間が
ありました。

しかし、この時、惨劇へのカウントダウンが始まったのです。

・永田洋子25歳の革命左派リーダーの誕生

川島が逮捕されたことにより、革命左派は、リーダーが不在になりました.

1970年9月、茨城県の土浦のアジトでは革命左派の幹部が集まり、
組織の最高か責任者を決める選挙が行われました。

柴野春彦 横浜国立大学、坂口弘 東京水産大学など、
理論派で高学歴の若者たが、20名いたという革命左派のメンバーを仕切っていました。

川島の後の、革命左派の最高指導者は選挙で決まりました。

坂口弘2票永田洋子3票と言うことで
異議なしで革命左派の委員長は永田洋子に決定しました。


【永田洋子】連合赤軍・新左翼運動とは何だったのか?

こうして、永田が国内の最高指導者となったのです。

革命左派最高幹部 獄外
永田洋子(ながた ひろこ)
共立薬科大学 当時25歳

永田洋子は
1925年東京御茶ノ水で生まれました。
大学在学中に学生運動にのめり込み川島豪のいる過激派グループに参加

そして新リーダーの永田の元でまずは、
獄中にいる川島豪の奪還作戦の計画が練られたのです。

その具体的な作戦とは川島が横浜地裁へ出廷する時に
直接身柄を奪還するというものです作戦には銃が必要でした。

この銃の強奪から、総括と呼ばれる集団リンチの殺戮
そして、浅間山荘事件へと展開してゆくのです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. “日本の※ロバート・キャパ”とも称された 戦場のカメラマン 沢田教一写真展が高島屋で開催されます。…
  2. 今回の浦和サポーターが試合終了後に対戦相手のシャペコエンセに 示したエールには深いわけがありました…
  3. 安室奈美恵独占密着 リハーサルをチェック 安室奈美恵25周年アニバーサリーライブin 沖縄 …

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る