観月ありさの旦那 青山光司の仕事や年収と会社は?

 

9月17日
松本清張特別企画 「共犯者」主演の「観月ありさ」さん
また、同日はMUSIC STATION ウルトラFES2017で歌も披露する
「観月ありさ」さんですが、現在結婚されています。

観月ありさ旦那ってどんな人なのでしょうか?
また、旦那さんの仕事や年収と会社は?

大活躍の「観月ありさ」さんを支えるご主人についてしらべてみました。

[ad#336]

観月ありさプロフィール

出身地:東京都練馬区
生年月日:1976年12月5日
身長:170cm
デビュー時期:1981年
最終学歴:明治大学付属中野高等学校中退
所属事務所:ライジングプロダクション

「観月ありさ」さんは、
2015年3月に青山光司さんと結婚しています。

観月ありさ 旦那は青年実業家 青山光司

青山光司プロフィール
生年月日:1973年7月13日
出身地:岐阜県羽鳥市
身長:180cm
青年実業家KRH社長

結婚当時の「観月ありさ」さんの旦那の青山光司さんは
青年実業家KRH社長という肩書きでした。

仕事は年商150億の会社社長だそうですが、事業の内容はクサビ式足場
のパイオニアとあります。

[ad#336]

観月ありさ 旦那の会社と仕事

KRHのホームページには事業内容として

「経験豊富な営業チームと熟練の設計・施工チームが、
すべての現場でベストソリューションを提供しています」とあります。

代表取締役社長 青山 光司
社長からのメッセージがこちらにあります。
http://www.krh.co.jp/message.html

建設現場のクサビ式の足場を製造販売している会社のようですが
それで年商150億円は凄いですね。

会社は青山光司さんの父親の青山馥(かおる)さんが1977年に創業した青山商店
が、母体大きくなった会社です。

 

観月ありさ 旦那 年収はどれくらい?

青山 光司さんはこの会社の2代目

青年実業家といっても一から築き上げたわけではなく
観月さんとの交際以前に、上原さくらさんとの結婚・離婚の話題で、世間を騒がしたことがあり
2代目のボンボンでかなりの遊び人のようでした。

観月ありさ」さんの旦那の青山光司さんの年収はいくらくらいなのでしょうか?

会社の年商(売り上げが)150億ということなので、少なくともオーナー社長としては5~10億円程度はありそうですが、年収よりも会社の経費として様々な事にお金を使えるのが大きいと思います。

また、事業も建設現場の足場という地味ではありますが、需要と安定性はありますのでベンチャー企業のリスクのある実業家より収入は安定しているでしょう。

そんな、2代目の安定した収入が保証されている青山光司さんは

10代から遊び人!高校は中退
「フェラーリ王子」の異名を持つ男とも言われています。

顔もイケメンでお金持ち
これには、「観月ありさ」さんもグラリときたのでは
ないかと思われます。

観月ありさ夫妻に子供は?

観月ありささんの結婚指輪が凄い!!

観月ありささんの結婚指輪ですが
シャネルの特注品であり、数億円の値段はと言われています。

家庭に入ってからもセレブな生活が続く「観月ありさ」さん
ですが、結婚3年目を迎えますが子供のほうはどうなのでしょうか?

旦那である青山光司さんは、観月さんの芸能生活を全面的に支援する方針だそうです。

なので、結婚後も芸能活動を続けている「観月ありさ」さん
にとっては心地よいでしょうし、元からお金の心配も必要さ無そうです。

また、青山 光司さんにとっては妻が芸能人「観月ありさ」ということは
会社のブランドにとっても少なからず好影響がありそうです。

しかし、一族経営であるKRH150億円企業の2代目には、
跡取りとなる子供が必要なことは言うまでもありませんね。

そのうち妊活宣言による芸能界休業宣言があるかもしれませんね。

[ad#336]

観月ありさ 旦那 会社
観月ありさ 旦那 上原さくら
観月ありさ 旦那 インスタ
観月ありさ 旦那 元嫁
観月ありさ 旦那 逮捕
観月ありさ 旦那 関東連合
観月ありさ 旦那 韓国
観月ありさ 旦那 仕事
観月ありさ 旦那 年収
観月ありさ 旦那 画像

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 母がくれた着物を着て徹子の部屋に登場したのは歌手の「由紀さおり」さん “私流”和装のオシャレ術とし…
  2. “日本の※ロバート・キャパ”とも称された 戦場のカメラマン 沢田教一写真展が高島屋で開催されます。…
  3. 今回の浦和サポーターが試合終了後に対戦相手のシャペコエンセに 示したエールには深いわけがありました…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る