腎臓ケアeラーニング講座 健康長寿のカギはAKI 腎臓 定義

腎臓ケアeラーニング講座 健康長寿のカギは腎臓

腎臓が人間の健康を大きく左右する――医療の現場ではそれが新たな常識になりつつある。その役割は、尿をつくるだけにあらず。腎臓こそが臓器同士をつなぐ“人体の要”であり、わたしたちの寿命に直結していることがわかってきたという。医療現場からの最新情報をレポートするとともに、「腎臓」を守る意味を探る。(取材・文=NHKスペシャル「人体」取材班/編集=Yahoo!ニュース 特集編集部)

健康長寿のカギは腎臓のケアにあるとの最新の医療情報が発表されました。

【「長寿のカギ」腎臓の真価】腎臓が人間の健康を大きく左右することが、医療の現場では新たな常識になりつつあるという。医療現場からの最新情報をレポートするとともに、「腎臓」を守る意味を探る

腎臓ケアとはいったい?
腎臓ケアのeラーニング講座のサイトもありますので見逃せませんね!

腎臓ケアeラーニング講座 医療現場の「腎臓ケア」

イギリスのウェスト・サセックス州にある「ワージング病院」では“腎臓”に焦点をあてた先進的な医療で注目を浴びています。
この、病院では「薬をやめること」が、腎臓を守るための医療の一環なのだという。

たとえば高血圧の薬
ベン医師は言う。「高血圧の薬の中には、腎臓にダメージを与えるものがあります。

ふだんなら飲んだほうが良い薬も、腎臓が弱っている今はやめなければなりません。
まずは腎臓を回復させることが最優先でそうしないと、深刻な事態に陥る可能性があるそうなのです。

腎臓ケアeラーニング講座 腎臓を襲う、AKIの恐怖

その深刻な事態とは「急性腎障害(AKI)」
「AKIになった場合、10~15%が死亡することもある非常に致死率の高い病気

AKIN分類では、AKIは『48時間以内の急速な腎機能低下』と定義し、
血清Cr値で 0.3mg/dl以上の増加、またはベースラインから1.5倍以上の上昇が基準です。

腎臓ケアeラーニング講座 死に至る病AKI

AKI自体には、ほとんど自覚症状がありません
重症になれば「尿の量が減る」などの症状が出てきますが
その段階では既に「多臓器不全が進行していることもある」

AKIの発症率は、先進国ほど多いというデータがあります。
西ヨーロッパで20.1%
北米では24.5%
東アジアで14.7%
これは、
医療体制が整った病院(薬の投与)でこれほどの
確率でAKIを発症は医師や医療機関は衝撃を受けています。

更に「集中治療室(ICU)の患者に限ると、発症率が30%を超えるデータも複数
医療現場にとって深刻な問題として捉えられています。

腎臓ケアeラーニング講座 AKI予防

日本では、患者の腎臓の状態に目を配り、薬の量をきめ細かく調節して
AKIの発症を防ごうという動きがあります。

また。高齢者は体のどこかに異常を抱えていることが多く、AKIになりやすい。
過度の脱水状態からAKIを発症することがあります。

AKI予防において、もっとも基本となるのは、こまめに水分補給すること。
水分を適切に補って腎臓をいたわる必要がある。「のどが渇く感じがなくても、いつも飲み物を手近において、水分摂取を心がける」ことは大切です。

また、塩分の取りすぎは高血圧になる。そして、心臓とか腎臓に負担をかけるから取りすぎには注意などなど

こちらのページに腎臓ケアのeラーニング講座があり無料で見ることができます。

http://plaza.umin.ac.jp/~jin/index_content.html

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. かわいいっ! 話題の桜井日奈子ちゃん その桜井日奈子さんが自分の「鼻くそ」をつけたままテレビ…
  2. 今回の浦和サポーターが試合終了後に対戦相手のシャペコエンセに 示したエールには深いわけがありました…
  3. 母がくれた着物を着て徹子の部屋に登場したのは歌手の「由紀さおり」さん “私流”和装のオシャレ術とし…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る