カズオイシグロ おすすめ の作品はノーベル文学賞受賞イギリスのベストセラー作家

ノーベル文学賞受賞のカズオイシグロ おすすめ
イギリスのベストセラー作家 カズオイシグロの面白かったおすすめの小説を紹介

カズオイシグロ おすすめの作品数はそれほど多くないのですが、
1作1作全くジャンルが異なり、人によって好み が別れる作品が多い印象があります。

カズオイシグロ

1954年、長崎市に生まれ、現在ロンドン在住。
日本名は石黒一雄。5歳の時に父の仕事の都合で一家でイギリスに移住し、
83年に英国籍を取得した。大学院で創作を学んだ

カズオイシグロ おすすめ

カズオイシグロの小説は「わたしを離さないで」
わたしを離さないで』とは、2005年にカズオ・イシグロ(日系イギリス人作家)が発表した 長編小説です。 2010年には映画化もされています。

自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、提供者と呼ばれる人々を世話している。キャシーが生まれ育った施設ヘールシャムの仲間も提供者だ。共に青春 の日々を送り、かたい絆で結ばれた親友のルースとトミーも彼女が介護した。キャシーは病室のベッドに座り、あるいは病院へ車を走らせながら、施設での奇 妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に極端に力をいれた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちの不思議な態度、そして、キャシーと愛する人々 がたどった数奇で皮肉な運命に……。彼女の回想はヘールシャムの驚くべき真実を明かしていく――英米で絶賛の嵐を巻き起こし、代表作『日の名残り』を凌駕する評されたイシグロ文学の最高到達点。解説/柴田元幸。

 

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

新品価格
¥864から
(2017/10/5 21:24時点)

小説と同名タイトルで映画化もされています。

わたしを離さないで (字幕版)

新品価格
¥199から
(2017/10/5 21:25時点)


こちらはドラマのテーマが クローン人間という重すぎるものだったので終始暗いドラマだったという印象でしたが、 最後は原作とは少し違う展開で終わったので少し救われたようにも感じも

 

カズオイシグロ おすすめ

遠い山なみの光/カズオ・イシグロ

イギリスに暮らす悦子は、娘を自殺で失った。喪失感に苛まれる中、戦後混乱期の長崎 で微かな希望を胸に懸命に生きぬいた若き日々を振り返る。新たな人生を求め、犠牲に したものに想いを馳せる。『女たちの遠い夏』改題。

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)

新品価格
¥756から
(2017/10/5 21:27時点)

カズオイシグロ おすすめ

わたしたちが孤児だったころ/カズオ・イシグロ

「孤児」に焦点を当てた物語です。幼少期に両親が失踪し、孤児となった探偵の主人公が、大人になり、両親の失踪を調査するために上海へ行きます。

上海の租界に暮らしていたクリストファー・バンクスは十歳で孤児となった。貿易会社勤めの父と反アヘン運動に熱心だった美しい母が相次いで謎の失踪を遂げたのだ。ロンドンに帰され寄宿学校に学んだバンクスは、両親の行方を突き止めるために探偵を志す。やがて幾多の難事件を解決し社交界でも名声を得た彼は、戦火にまみれる上海へと舞い戻るが…現代イギリス最高の作家が渾身の力で描く記憶と過去をめぐる至高の冒険譚

わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)

新品価格
¥1,015から
(2017/10/5 21:29時点)

カズオイシグロ おすすめ

日の名残り/カズオ・イシグロ

日の名残り』(ひのなごり、The Remains of the Day)は、1989年刊行のカズオ・ イシグロの小説。同年のブッカー賞を受賞した。この作品は一人称視点によるバイアスを 巧妙に利用した例としてしばしば取り上げられる。

日の名残り (中公文庫)

中古価格
¥3,448から
(2017/10/5 21:30時点)

カズオイシグロ おすすめ

忘れられた巨人/カズオ・イシグロ

ファンタジーという分類なのだが過去のイギリスが舞台(詳しくはアーサー王と地続き) なので奇妙な感じで話が進む。物語としては老夫婦が息子に会いに行くために旅をする 傍らいろいろな人物と世界に出会う。忘れられた巨人が目覚めるとき、人はどうなるのか 。

忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫)

新品価格
¥972から
(2017/10/5 21:32時点)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 今回の浦和サポーターが試合終了後に対戦相手のシャペコエンセに 示したエールには深いわけがありました…
  2. 母がくれた着物を着て徹子の部屋に登場したのは歌手の「由紀さおり」さん “私流”和装のオシャレ術とし…
  3. “日本の※ロバート・キャパ”とも称された 戦場のカメラマン 沢田教一写真展が高島屋で開催されます。…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る