龍馬 最後の30日 感想 松平春嶽 龍馬暗殺と手紙

NHKスペシャル「ドラマ 龍馬 最後の30日」の 感想

今年は龍馬暗殺や大政奉還から150年
坂本龍馬は「陰姓」といって、先祖から伝わる苗字「梅谷」だった。
「梅谷」の名前から「梅の掛け軸」か否かで決められた龍馬暗殺の決行
龍馬の血痕が残る梅の掛け軸の謎 松平春嶽と龍馬暗殺

NHKスペシャル「ドラマ 龍馬 最後の30日」
2017年11月19日(日) 21時00分~22時00分
坂本龍馬 大政奉還 後から暗殺されるまでの最後の30日
幕末のヒーロー・坂本龍馬の最後の30日を、新発見の資料から導き出した“大胆な仮説”にもとづいてドラマ化したものです。

番組内容
慶応3年10月。大政奉還の勅許が下り、徳川と薩長ら倒幕派の武力衝突はひとまず回避された。だが明治維新へのレールはこれで定まった訳ではなかった。坂本龍馬(新井浩文)は、理想の新国家実現に向け、人知れず動き出す。龍馬が訪ねたのは福井藩、松平春嶽(筒井道隆)ーー。今年新たに発見された龍馬暗殺5日前の手紙を手がかりに、大胆な仮説に基づき、理想の新国家極秘構想に賭けた「龍馬最後の30日」を描くドラマ。

・龍馬暗殺5日前の手紙とは

坂本龍馬の暗殺は
西暦では1867年12月10日, 京都府 京都市
旧暦では慶応3年11月15日といわれています。

その、坂本龍馬の暗殺5日前、龍馬本人が書いた手紙が見つかった
高知県が発表しています。

その手紙の内容は
越前藩の重臣宛てで、新政府設立に向けた人材の派遣を求める内容で「新国家」という言葉を使って説得するなど、龍馬が新政府設立の根回しに奔走した姿がうかがえる手紙です。

そして、140点以上あるとされる龍馬の手紙の中で「新国家」という言葉が確認されたのは初めてです。

「新国家」をまとめる名主○○○という名前はいったい誰のことか?

・松平春嶽と坂本龍馬

新しい時代へ漕ぎ出そうとして落車する松平春嶽
越前藩の藩主松平春嶽が「新国家」をまとめる名主○○○だった。

一介の脱藩浪士に過ぎない坂本龍馬がなぜ松平春嶽のような幕府高官に会うことが できたのでしょうか?

越前藩の重臣宛てで、新政府設立に向けた人材の派遣は実は新政府をまとめる○○○という名前はいったい誰のことか?

物語では越前藩の藩主松平春嶽ということです。

しかし、土佐藩から命を狙われている坂本龍馬の事を松平春嶽は知っていた。そして徳川慶喜に新政府の名主となることを許しを請う松平春嶽

龍馬の血痕が残るといわれる掛け軸

坂本龍馬暗殺を知った松平春嶽は?

大政奉還で武力衝突が回避された中、坂本龍馬(新井浩文)は理想の新国家実現に向け、人知れず動き出していた。暗殺直前の手紙を手がかりとした、大胆な仮説に基づくドラマ

NHKスペシャル「ドラマ 龍馬 最後の30日」の感想

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. “日本の※ロバート・キャパ”とも称された 戦場のカメラマン 沢田教一写真展が高島屋で開催されます。…
  2. 安室奈美恵独占密着 リハーサルをチェック 安室奈美恵25周年アニバーサリーライブin 沖縄 …
  3. 母がくれた着物を着て徹子の部屋に登場したのは歌手の「由紀さおり」さん “私流”和装のオシャレ術とし…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る