坂晃典 ボクシングで拍子木とゴングの音と勘違いした異例のKO負け

異例のKO負けは、無情の世界だった。坂晃典 ボクシングの日本フェザー級タイトルマッチ。坂晃典選手は今年4月に8連続KO勝利で新王者になったばかりの初めての防衛戦

拍子木とゴングの音と勘違いした異例のKO負け

「日本フェザー級タイトルマッチ」の結果

しかし、その結果が、あまりにも無情

▼日本フェザー級タイトルマッチ 10回戦
〇大橋健典(28=角海老宝石/日本フェザー級8位)
KO 5R 3分6秒 ※右フック
●坂晃典(25=仲里/日本フェザー級王者)
2017年12月1日(金)東京・後楽園ホール

やらかしてしまったのは、ゴングの音と勘違い

・坂晃典 ボクシングでゴングの音と勘違い

ボクシングはラウンド残り10秒を知らせる「カン、カン」という拍子木(ひょうしぎ)の音が鳴ります。それをゴングと勘違い
王者に坂晃典が相手大橋健典に背を向けたところに強烈な右フック

これは無防備、、、、

・拍子木(ひょうしぎ)の音を間違い完全にマットに沈んだ王者坂晃典

拍子木(ひょうしぎ)は火の用心などで使う木の音具、確かにゴングの音とは違いますが、打ち合いなど、集中していたり、観客などの声援など音が聞き取りにくい環境では間違うものかもですね。

しかし、初防衛戦で無念の残る坂晃典選手

是非、リターンマッチに挑戦して欲しいものです。

今回のKOのきっかけとなった拍子木とは火の用心などで使う木の音具だが、その音をゴングと勘違してKO負けは非常に珍しく前例は見当たらない。しかし、KO負けまでいかなくとも、終了のゴングと拍子木の音を間違え、一瞬ガードを落とすなどの選手は世界のトップ選手でも多く、レフェリーまで勘違いして止めに入った例もある。打ち合いなど、集中していたり、観客などの声援にまぎれたりで、つい間違ってしまうのだろう。こうなると拍子木がきっかけでKOも不思議ではない。ゴングの音の高さと音が近いのだろうか。音からアナウンスに変えるなど、別の方法での一考の必要はあるかもしれない。

5R、残り10秒の拍子木の合図をゴングと勘違いし背を向け歩き出す王者に坂晃典 、大橋は追いかけ右フック一閃、これがKOとなる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. かわいいっ! 話題の桜井日奈子ちゃん その桜井日奈子さんが自分の「鼻くそ」をつけたままテレビ…
  2. 今回の浦和サポーターが試合終了後に対戦相手のシャペコエンセに 示したエールには深いわけがありました…
  3. 安室奈美恵独占密着 リハーサルをチェック 安室奈美恵25周年アニバーサリーライブin 沖縄 …

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る