Uターンラッシュ予想 2018 お盆の15日16日は混雑する?

夏い休みに入ると気になるのが、例年のUターンラッシュですね。

今年も特にお盆の前と15日16日にあたりは都会から地方、地方から都会へとUターンのラッシュが予想されます。

2018年のカレンダーにあわせて、高速道路の渋滞や公共交通機関のUターンラッシュや混雑ピークを予想してみました。







Uターンラッシュ予想 2018お盆はどうなる?

2018年のお盆のカレンダーを見ると
以下のように8月10日の金曜日からお盆休みがはじまるようです。

8月9日   木
8月10日 金
8月11日  
8月12日 
8月13日  月
8月14日  火
8月15日 水
8月16日 木
8月17日 金

一般的な企業ではお盆休みが8月13日14日15日の3日間などの
土日とくっつけて有給休暇を取って田舎へ帰る人も多いと思います。

上記のカレンダーにあわせて休みを想定すると赤文字は土日の休日とお盆休み青は休日にあわせた休み(有給休暇など)となります。

この2018年のお盆のカレンダーからみて高速道路の渋滞や公共交通機関の混雑ピークを予想してみるとUターンの下りのラッシュが予想されるのは8月10日(金)~8月12日(日)くらいまでが高速道路の渋滞や新幹線のどの混雑が予想されます。






2018 お盆の15日16日は混雑する?

今年はお盆のさなかの15日16日は車や電車・新幹線などは混雑するのでしょうか?

下りの混雑は8月10日くらいから予想されますが、上りのラッシュ予想は8月15日~16日というお盆の間に混雑が予想されます。例年は8月16日~17日あたりがUターンラッシュでしたが2018年はちょうどお盆の15日あたりからUターンの上りが起こりそうなのでなんらか対策が必要ですね。

2018 お盆のUターンラッシュ・混雑対策

Uターンのラッシュ予想にあわせて高速道路の渋滞や新幹線などの公共交通機関の混雑ピークを予想して対策を立てることが重要です。

やはり、混雑を避ける最も効果的な方法は分散です。Uターンラッシュ予想 の前後に移動できるように休みを調整することです。

対策①8月9日10日に休みを取る

休み全体を前に持ってくる方法です。
Uターンラッシュが予想される1日前の8月9日に休みをとり9日を移動に当てる。
(10日も休み)こうすることで下りの混雑を回避できます。(8月10日の早朝移動もありかと思います)そして戻りを8月14日にするというものです。

14日というちょうどお盆のさなかの移動となりますが上りのラッシュは避けることができそうです。

対策②8月16日17日に休みをとる

休み全体を後ろに持ってゆく方法です。
17日の金曜日に休み(16日も休み)をとると18日、19日が土日となります。

18日に移動すればピークを過ぎているため混雑は避けられると思います。

Uターンラッシュ予想 2018 お盆の15日16日は混雑が予想されますので
お盆休みにUターンラッシュに巻き込まれないためにも、しっかりカレンダーをチェックして早めに計画を立てておきましょう!






関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 今回の浦和サポーターが試合終了後に対戦相手のシャペコエンセに 示したエールには深いわけがありました…
  2. 母がくれた着物を着て徹子の部屋に登場したのは歌手の「由紀さおり」さん “私流”和装のオシャレ術とし…
  3. “日本の※ロバート・キャパ”とも称された 戦場のカメラマン 沢田教一写真展が高島屋で開催されます。…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る