シンゴジラ 評価 海外では石原さとみの英語力が、、、

2016年の興行成績85億円で日本映画No1のシン・ゴジラがいよいよテレビ朝日で放送されます。ちなみに放送時間は2017年11月12日の21時~23時20分までです。お見逃しなく!!

ゴジラGODZILLA といえば、グローバルでも通用する日本の生んだ人気キャラですよね、1954年11月3日、当時社会問題となっていたビキニ環礁の核実験に着想を得て製作した、第1作“水爆大怪獣映画”『ゴジラ』から今回のシン・ゴジラまでなんと国内で計29作品が 製作され、1億人に迫る累計観客動員数を記録するなどの国民的なキャラにもなっています。

シンゴジラ 評価 海外では石原さとみの英語力が、、、とも言われていますが
日本で大ヒットを記録している庵野秀明監督の『シン・ゴジラ』が北米でも公開されました 。シン・ゴジラの気になる海外での評価について

シンゴジラ 評価 石原さとみの英語力は?

シンゴジラで話題になったのが女優の石原さとみさんの出演ですね!

シンゴジラでカヨコ・アン・パタースン役を演じた石原さとみさんの演技と英語力に関してのネットでの評価があります。
カヨコ・アン・パタースンは日系アメリカ人で、いずれは大統領になろうかという凄い人物

その役を石原さとみさんが演じました。

その、石原さとみさんの演技力はともかく英語力には非難の声が浴びせられているそうですが、
中には石原さとみの英語の発音は素晴らしい。あんな流暢に喋れないという声も沢山あります。

ここは、自分で聞いて確かめるしかなさそうですが
確かめるほうも英語力が相当高くないと無理でしょうから、、、(笑)

 

シンゴジラ 評価 海外はどうなの?

『ゴジラ FINAL WARS』以来約12年ぶりの日本製作のゴジラ映画でキャッチコピーは「現実(日本)対虚構(ゴジラ)」という意味深なコピーが、、、

ゴジラ(GODZILLA )の知名度と、海外でも人気の『エヴァンゲリオン』の庵野秀明ということもあり、 シンゴジラは海外配給も順調だったと聞いていますが、実際のところ米国では、ランキングで初登場19位、でも翌週から36位、59位と、急降下。最終的に興業も2億1千万程度だったのが実態、、、、

今回のシン・コジラは日本の抱える国の防衛とか、リスクマネジメントの不備、そしてゴジラ誕生の背景にある核の問題、そういう大テーマがこの怪獣映画の背景にあります。

なので、今の日本の根底にあるこのような政治的・社会的、そして第二次世界大戦からの核の歴史的な背景を知らない海外の人には単なる娯楽映画としか写らなかったのかも知れませんね。

いずれにしてもこのような日本社会の背景にある問題について我々は考えなければいけない時期に来ているのだと思います。

「現実(日本)対虚構(ゴジラ)」というキャッチコピーから見てもこの映画は海外にというよりも我々日本人へのメッセージがこめられている映画だと思います。

シンゴジラ見逃しの方は是非 こちらから観てください。新規登録の方は無料で観れるチャンスがあります。
もちろん、娯楽映画としてもシンゴジラは楽しめますよ!!

シンゴジラの動画を高画質無料フルで見る>>>こちら

見放題の無料試聴作品は何があるのか見てみる>>>こちら

※上記リンクの右端上の虫眼鏡のアイコンから作品を検索できますよ!!

 

シンゴジラ 評価 海外
シンゴジラ 評価 つまらない
シンゴジラ 評価 石原さとみ
シンゴジラ 評価 ラスト
シンゴジラ 評価 ネタバレ
シンゴジラ 評価 レビュー
シンゴジラ 評価 小林よしのり
シンゴジラ 評価 アメリカ
シンゴジラ 評価 yahoo
シンゴジラ 評価 映画

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. “日本の※ロバート・キャパ”とも称された 戦場のカメラマン 沢田教一写真展が高島屋で開催されます。…
  2. 今回の浦和サポーターが試合終了後に対戦相手のシャペコエンセに 示したエールには深いわけがありました…
  3. 安室奈美恵独占密着 リハーサルをチェック 安室奈美恵25周年アニバーサリーライブin 沖縄 …

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る