ジャック・マー 中国のスマホとQRコード決済の立役者

中国では屋台でもQRコードでスマホ支払いができる

QRコード決済サービスが中国で爆発的に普及している背景

テレビ朝日報道ステーションで中国のスマホ決済の立役者として中国・アリババ社の創業者ジャック・マー氏が紹介されていました。

中国の市場ではスマホのQRコード読み込み機能で決済されているんですね。

 

中国のスマホ決済はQRコードで一瞬に支払える

スーパーやデパートだけではなく屋台や市場まで
QRコードが並んでして、スマホにQRコードをかざすと支払いが完了する仕組みです。

お店のQRコードに自分のスマホをさがすと商品の金額と支払い確認の画面が現れ支払いのボタンを押すと
自分の銀行口座からお店に支払いがされるという仕組みです。

屋台までこれで支払えるというのには驚きましたが、中国の進化の巣ピー丼は驚くほどですね。

中国のスマホ決済の背景に現金の信用の失墜

中国の市場では現金が偽札などが出回るため信憑性が低いので、逆にスマホの決済が現金よりも安全だとのことです。

日本は偽札など偽装が難しいので現金が信用が高いとのことですが、ビジネスのスピード感を見ているとスマホのほうが格段効率とスピードが高いようです。

特に北京市内で1600万台ものレンタル自転車のレンタルをスマホと位置確認をGPSでやっているという企業の日本(北海道 札幌)への進出には要、チェックですね。

ジャック・マーによる決済システムの国家的構築

このスマホによる銀行決済を進める立役者にジャック・マーが上げられます。

彼は中国はパンダ 自転車 万里の長城だけの国では無いとプレゼンテーションの中で語っていました。

ジャック・マーはスマホ1つで中国の1000万の企業が利益を上げられる時代が来たといっています。

十数億人の経済圏がITで効率化されることはある意味大きな実験に等しいことですが、それを成し遂げた中国企業のビジネスモデルを作り出す能力は相当進化しているのではないかと思われます。

そのような企業が統制経済圏を嫌い海外に出てゆくことは世界にとっても大きな脅威となることでしょう。

ジャック・マー

ジャック・マーは、中国・アリババ社の創業者、現会長、元CEO、ソフトバンクグループ取締役。浙江省杭州市出身。中国本土の起業家で初めて『フォーブス』に名前が掲載された。また2014年11月現在、中国本土で1番、世界で18番目の資産家

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. “日本の※ロバート・キャパ”とも称された 戦場のカメラマン 沢田教一写真展が高島屋で開催されます。…
  2. 今回の浦和サポーターが試合終了後に対戦相手のシャペコエンセに 示したエールには深いわけがありました…
  3. かわいいっ! 話題の桜井日奈子ちゃん その桜井日奈子さんが自分の「鼻くそ」をつけたままテレビ…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る