レスリング高谷惣亮に反則攻撃のグレゴリアンとは何者?

グレゴリアンに反則攻撃を受けた高谷惣亮

レスリングにプロレス並みの反則攻撃は許されるものなのか?
結局1回戦で反則攻撃を受けたダメージで
日本の高谷惣亮選手は2回戦で敗退

高谷惣亮選手に反則をしたグレゴリヤンとはどんな人物なのか?
どんな反則技を使ったのか?

レスリングの世界選手権の最終日に男子フリースタイル4階級が当地のパリで行われ、リオ五輪代表で74キロ級に出場した高谷惣亮(28、ALSOK)が、1回戦、噛み付き、頭突きのまるでプロレス技の反則暴挙の被害に合う事件があった。その試合は、当然、高谷の反則勝ちとなったが、頭突きによる脳震盪などの後遺症に苦しみ、2回戦でロンドン五輪の金メダリスト、ジョーダンアーネスト・バローズ(米国)に敗れ、敗者復活戦でも、勝ちあがることができずにメダルを逃した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00000001-wordleafs-fight

反則攻撃のグレゴリアン

グレゴリヤン年齢は27歳でアルメニアのレスリング選手

経歴はほとんど無名で
五輪出場もない。

また、世界選手権で表彰台に上がった経験もないが
欧州選手権で3位に入っているレスリング選手

グレゴリヤンの反則技は頭突きと噛み付き

グレゴリヤンは
3分30秒頃、高谷の後ろのポジションをとり得点に結びつけた。

これには頭突きがあったとアピール
しかし、このアピールに対してレフリーは
グレゴリアンに口頭注意はあったものの高谷のアピールは却下

4分30秒ころ
高谷がフォールの体制に持ち込んだところを
グレゴリヤンが噛み付いて逃れた

しかし、この噛みつきは
跡が残ったためグレゴリヤンの反則負けとなった

しかし、なんと言うか
スポーツマンシップに欠ける試合運びに
唖然としかいいようがない

結局、グレゴリヤンは大きなポイント差に焦って
頭突きや噛み付きなどのプロレスまがいの反則技を繰り出した
ようだが

結果的には勝った高谷惣亮選手のダメージが大きかった
ようですね。

残念としかいいようがありません。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 今回の浦和サポーターが試合終了後に対戦相手のシャペコエンセに 示したエールには深いわけがありました…
  2. “日本の※ロバート・キャパ”とも称された 戦場のカメラマン 沢田教一写真展が高島屋で開催されます。…
  3. 安室奈美恵独占密着 リハーサルをチェック 安室奈美恵25周年アニバーサリーライブin 沖縄 …

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る