ビートたけし 小説『アナログ』あらすじ

ビートたけし『アナログ』あらすじ

「ビートたけし」こと北野武が小説に挑戦
しかも、恋愛物の小説で題が『アナログ』ということが
発表されました。

芥川賞を受賞したピースの又吉直樹に触発されて書いたという
小説『アナログ』のあらすじ について。

「ビートたけし」さんの小説は題が『アナログ』

映画の方が圧倒的に得意という「アウトレイジ」などバイオレンスモノで知られる
「ビートたけし」さんですが小説を書くとは驚きです。

しかも、その小説が恋愛モノだとはまさかのまさかという感じですが
『たけしは男と女を描けない』なんて言われてきたそうで
小説を書くきっかけとなったのは、ピースの又吉の芥川賞だったとの事。

アナログ

新品価格
¥1,296から
(2017/9/20 00:21時点)

又吉さんの芥川賞からだと
小説の構想は2年くらい温めていたのでしょうね。

デジタルの時代だからこそノートに手書きしながら執筆したという
まさにアナログで制作した小説のようで創作ノートは4冊にも及んだ
大作です。

「ビートたけし」『アナログ』のあらすじ

ありとあらゆるものがデジタル化された現代にあえて男女の“アナログ”な関係を描き、
「誰かを大切にするとは何か」を問いかけた作品だそうです。

30歳をすぎたインテリアデザイナーが、偶然出会った女性と恋に落ちる物語で

「お互いに会いたいという気持ちがあれば、絶対に会えますよ」。

すべてがデジタル化する世界で悟とみゆきが交わした、たったひとつの不器用な約束。

素性も連絡先も知らないまま、なぜか強烈に惹かれあう2人の「アナログ」な関係が始まった。

というものですが、何となく“アナログ”な世界に惹かれてゆきそうな感じですね。

次は、サスペンス小説の構想も浮かんでいる「ビートたけし」さん
小説家世界の「ビートたけし」の登場も間近か?

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 母がくれた着物を着て徹子の部屋に登場したのは歌手の「由紀さおり」さん “私流”和装のオシャレ術とし…
  2. “日本の※ロバート・キャパ”とも称された 戦場のカメラマン 沢田教一写真展が高島屋で開催されます。…
  3. 今回の浦和サポーターが試合終了後に対戦相手のシャペコエンセに 示したエールには深いわけがありました…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る